鱼汤

青之炎NINO朗读片段听写

「もうこれしか方法はないのだ」秀一は自分に言い聞かせだ。汗の滲んだ手のひらをシャツで拭ってから、ロードレーサのグリップを強く握りしめる。

照り付ける太陽の下、ロードレーサは134号線を全力疾走する。潮風が鼻腔の奥をいがらぽくした

不思議なくらい恐怖は感じなかった。ただ、これでやっと苦しみから解放されるだろうっていう思いがあった

なにも、愛する家族のために、わがめを犠牲にしようとするのではない。自らにとってもこれが最も楽だというだけの話だ。俺は自らの責任を回避し、安易な道を選ぶことにした。誰に文句を言う筋合いもない。

紀子は必ず秘密を守ってくれるだろう。

風が頬をなぶり、道路と浜を隔てる柵が飛ぶより流れていく。

海だけはいつもと変わらぬ姿でじっとこちらを見守っていた。

そろそろ稲村が先だ。

大きく息が吸い込む。海を渡ってきた風のように、自分が今終着地点にたしようとしてることを思う。さすがに足がふくむようだった。目的を遂げようていう意志を支えてるのは、脳裡に煌めく青の炎だった。

明らかな自殺ではなく、自殺とも事故ともつかないような状況。

坂の頂点を過ぎ、下りに入って、ロードレーサは一気に加速する。

渋滞はしばらくまいに解け、車は順調に流れていた。

路肩から左側の車線に入り、対向車を見定めだ。

大型トラクだ。あっという間に近ついてくる。

秀一は力いっぱいペダルを踏み込むと、硬く目を瞑り、ハンドルを右に切った。


已经只剩这条路可走了。
  秀一自言自语地说。他擦去掌心渗出的汗,用力握紧爱车的把手。
  在烈日下,秀一骑着自行车在134号公路上全力奔驰,海风呛入鼻腔深处。
  不可思议地,心里一丝恐惧也没有。
  只是这样一来,自己终于可以从痛苦中解脱了。
  其实,这并不是为了心爱的家人,所以才选择自我牺牲一途。对秀一而言,只因这是最省事的方法罢了。逃避应负的责任,而选择了安逸的路。这样应该不会有人有意见了吧?
  纪子一定能替我保密吧。
  风吹弄着脸颊,分隔道路和海滨的围栏飞快地从眼前略过。
  只有海洋一点也没变,仍然专注地守护着我。
  就快到稻村海岬了。
  秀一深深地吸入一大口气。
  自己有如渡海而来的风,现在终于抵达旅程的终站。做下了这决定后,也难故连脚都开始瘫软了。但支撑着自己继续完成目的的意志,是脑里闪耀着的蓝色火焰。
  ……不是一目了然的自杀,而是介于自杀与意外的状况之间。
  过了道路的坡顶,骑下斜坡,自行车一鼓作气地加速。
  原本阻塞的车流已稍稍纾解,车子顺利地开始移动起来。
  从路肩进入左侧的车道,看准对向来车。
  是一部大卡车,转瞬间就快逼近了。
  秀一卯足全力踩着踏板,紧紧闭上双眼,把手猛然右转。

这段话NINO读出来太有感觉了!

https://www.bilibili.com/video/av10816943/

对着这个视频听写的(顺便安利!),下面的中文是up主贴出的翻译。算是自己入门的练习,再不学习不行啦(什么时候学英语也能有这种热情= =)。其实算是用电脑输入法作弊了,好多汉字都是电脑自动联想的。有很多不会的地方加了下划线,如果愿意指正的话就太好了谢谢……


评论
热度(7)
©鱼汤 | Powered by LOFTER